女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療のおすすめクリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】 » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » 骨盤臓器脱(性器脱)

骨盤臓器脱(性器脱)

このページでは、骨盤臓器脱(性器脱)の症状や原因、治療法、予防法などについて詳しくご紹介しています。

骨盤臓器脱(性器脱)とは、骨盤の内側にある臓器が膣から外へ出てしまう症状です。自然治癒することはなく、放置すれば徐々に症状が悪化していく可能性があるため、気になる状態を自覚した方は、早めに医療機関を受診するようおすすめします。

骨盤臓器脱(性器脱)とは

骨盤臓器脱(性器脱)とは、骨盤の中に収められているさまざまな臓器が徐々に垂れ下がり、膣から外へと出てしまう症状です。外へ出る臓器の種類により、子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、小腸瘤、膣脱などに分かれ、これらの症状が単独で現れることもあれば、複数が同時に現れることもあります。

初期の主な自覚症状は、陰部に生じるピンポン玉のような異物感など。椅子に座ったときなどに、股にピンポン玉のようなものが挟まっているような感覚があります。

症状が現れるタイミングは、一般的に午後です。午前中の活動を経て、午後になると重力などの影響で徐々に臓器が垂れ下がってくる形です。

症状を自覚している方の中には、その見た目から医療機関の受診に抵抗を感じ、何年も放置している方が少なくありません。自然治癒することはなく、放置すると徐々に悪化していく可能性があることから、症状を自覚した際には早めに医療機関を受診するよう望まれます。

骨盤臓器脱(性器脱)の原因は?

骨盤臓器脱(性器脱)の直接的な原因は、骨盤の底にある筋肉や人体のゆるみです。

骨盤の底には子宮や膀胱、直腸などの臓器を支える筋肉・じん帯があり、腹圧が加わることで各臓器が外に出ないよう支えられています。この筋肉・じん帯がお産や年齢などの理由により徐々にゆるみ、重力で臓器が下方に向かって骨盤臓器脱(性器脱)を引き起こします。

症状が進行するとどうなる?

初期症状は股にピンポン玉が挟まったような異物感ですが、中には、尿の出にくさ、尿漏れ、便秘、残便感、残尿感などを自覚する人もいます。

臓器が常に外へ飛び出している状態まで症状が進行すると、臓器が下着にこすれて出血したり歩行が困難になったりなど、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

外に飛び出した臓器は、重力の影響でさらに大きく飛び出していくことから、放置すると症状が徐々に悪化していきます。

骨盤臓器脱(性器脱)は治療できる?

骨盤臓器脱(性器脱)には、いくつかの治療法があります。主な3つの治療法を見てみましょう。

ペッサリー療法(保存療法)

ペッサリー療法とは、膣の中にリングを挿入して垂れ下がる臓器を支える治療法です。リングによって症状が根治するわけではないので、正確に言えば、治療法ではなく対症療法となります。

患者の体格や膣の状態に合わせたサイズのリングを選択しますが、人によっては強い違和感を自覚する場合もあるため、リングの選択は慎重に行わなければなりません。適切なリングで症状を止められたとしても、しばしば膣の炎症・出血・おりもの増加などの副作用もあることから、3~4か月に1度の頻度でリングを交換する必要があります。

ペッサリー療法は、手術までの待機期間などに行われる一時的な保存療法と考えておいて良いでしょう。

膣式子宮全摘術と前後膣壁縫縮術の組み合わせによる治療

膣から子宮を全摘し、膣と膀胱を支える筋膜を縮めながら縫合。あわせて、直腸と膣を支えている肛門拳筋を補強します。これらによってじん帯や筋膜の強化されることから、臓器の脱出を抑えることが可能となります。

傷跡は膣壁に残りますが、視認できる外部には残りません。美容上も優れた術式として、骨盤臓器脱(性器脱)は一般的に行われています。

術後の入院期間は10日ほど。保険適用で、約22万円の治療費となります。

メッシュ手術

メッシュ手術とは、人工素材を網状に縫いこんだメッシュと呼ばれる素材を使用した手術です。骨盤の内側にある臓器を自然な位置へと戻し、その状態のまま臓器を支えるようメッシュを挿入し固定します。

メッシュは本体とアームの2部品から構成されますが、本体が筋膜の代わりとなり、アームがじん帯の代わりとなって機能します。

メッシュは、もともと筋膜の代用としてヘルニア手術などに利用されていた素材ですが、2004年、フランスの産婦人科医が開発した新たなメッシュ手術により合併症・再発リスクが低減。以後、骨盤臓器脱(性器脱)にも利用されるようになり、日本では2005年から導入されています。

術後の入院期間は7日ほど。保険適用で、約23万円の治療費となります。

骨盤臓器脱(性器脱)になりやすい人は?

お産を複数回経験している人、更年期に差し掛かっている人、更年期を終えた人などが骨盤臓器脱(性器脱)になりやすいとされています。

ほかにも、慢性的な便秘や咳、肥満体型などが骨盤臓器脱(性器脱)のリスクファクターとして指摘されています。

また、重いものを持つことの多い職種の人にも、骨盤臓器脱(性器脱)が起こりやすいと言われることもあります。

骨盤臓器脱(性器脱)の予防法は?

骨盤臓器脱(性器脱)の予防には、日常生活における注意と骨盤底筋を鍛える体操が有効です。

日常生活における注意

日常的に踏ん張りすぎないことが大切です。

たとえば重いものを持つときには、膝を軟らかく曲げてから踏ん張らないようにして持ち上げます。あるいは、トイレを利用するときには、長くても15分以内に済ますようにします。

血流悪化も骨盤臓器脱(性器脱)に良くないので、長時間同じ姿勢で座り続けることも避けるようにしましょう。

骨盤底筋を鍛える体操

骨盤底筋を鍛える体操として、「肛門」と「膣・尿道」を締める体操を行いましょう。

椅子などに腰をかけて背筋を伸ばし、2~3秒間にわたり肛門を締めます(便をガマンするイメージ)。その後、ゆっくりと力を抜いていきます。次に、同じ姿勢で膣・尿道を締めた後(尿をガマンするイメージ)、ゆっくりと力を抜きます。

1日100回を目標にこの体操を行えば、骨盤臓器脱(性器脱)の予防に効果が期待できます。

まとめ

骨盤臓器脱(性器脱)の症状や原因、治療法、予防法などについてご紹介しました。

症状の程度には個人差があるものの、骨盤臓器脱(性器脱)は比較的発症率の高い病気です。見た目の理由で医療機関の受診を避けたがる人もいるようですが、医療機関ではあまり珍しい病気ではありません。

症状を自覚した際には、恥ずかしがらず速やかに医療機関で診てもらうようにしましょう。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
新宿で膣縮小治療が受けられるクリニック9院
渋谷で膣縮小治療が受けられるクリニック4院
池袋で膣縮小治療が受けられるクリニック
銀座で膣縮小治療が受けられるクリニック
六本木で膣縮小治療が受けられるクリニック
上野で膣縮小治療が受けられるクリニック
表参道で膣縮小治療が受けられるクリニック
目黒・自由が丘で膣縮小治療が受けられるクリニック
青山・外苑前で膣縮小治療が受けられるクリニック
大塚・巣鴨・駒込で膣縮小治療が受けられるクリニック
品川・五反田で膣縮小治療が受けられるクリニック
新橋で膣縮小治療が受けられるクリニック
日本橋で膣縮小治療が受けられるクリニック
原宿・明治神宮前で膣縮小治療が受けられるクリニック
有楽町・日比谷で膣縮小治療が受けられるクリニック
恵比寿で膣縮小治療が受けられるクリニック
高田馬場で膣縮小治療が受けられるクリニック
秋葉原で膣縮小治療が受けられるクリニック
赤坂で膣縮小治療が受けられるクリニック
中野で膣縮小治療が受けられるクリニック
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top