女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療のおすすめクリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】 » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)

GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)

GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)とは?

GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)とは、閉経前後に起こる外陰部・膣・尿路などの不快な症状の総称です。閉経後の女性の約50%に、大なり小なり何らかのGSM症状が見られるとされています。

GSMの原因は女性ホルモンの低下です。女性ホルモンの低下が原因である以上、ホルモン治療で症状をある程度緩和させることができますが、ホルモン治療を希望しない患者さんや乳がん治療中の患者さんには適用できないため、別の治療法が検討されます。

GSMは、一般的には閉経後または閉経前後に起こる症状ですが、中には閉経がまだ遠い40代にも発症する例が見られます。閉経の前兆がまだない方であっても、デリケートゾーンに継続的な不快感を覚えた場合、GSMである可能性を否定できません。

なおGSMは、2014年に国際女性性機能学会とアメリカ更年期学会で提唱された概念です。日本では閉経後泌尿生殖器症候群のほか、閉経関連泌尿器性器症候群などと呼ばれることがあります。

GSMの代表的な症状

GSMが起こると、主に「外陰部・膣」「尿路」「性生活」に変化が生じます。たとえば次のような変化です。

外陰部・膣

  • 膣のゆるみ
  • おりものの増加または減少
  • 臭い
  • 不正出血
  • 外陰部の異常(乾燥、かゆみ、灼熱感など)

尿路

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 排尿痛
  • 尿漏れ
  • 尿意切迫感
  • 膀胱炎

性生活

  • 性交痛
  • 挿入のしにくさ
  • 性交後の出血
  • 性交時の濡れにくさ
  • オーガズム感の喪失

GSMの患者さんの中には、これらの症状のほかにも、さまざまな症状を自覚する方もいます。症状を放置していると徐々に悪化していくため、QOL(生活の質)を高く維持していくためにも、早期の治療が望ましいでしょう。

GSMの原因は?

GSMの原因は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量低下です。

多くの女性は45~55歳にかけて、エストロゲンの分泌量が低下していきます。この過程で発生するさまざまな心身の症状を更年期障害と言いますが、やがて更年期障害も終わりを告げるころ、女性の体は閉経を迎えます。

このプロセスにおける女性の体のさまざまな変化が原因となり、GSMと総称される各種の症状が起こります。更年期障害と重なる部分も少なくありませんが、更年期障害は主に婦人科が対象とする症状であることに対し、GSMは泌尿器科領域の尿路なども含めた、より広い概念として理解されています。

GSMと萎縮性腟炎の違い

萎縮性膣炎とは、エストロゲンの分泌量低下にともない、膣壁や外陰部が萎縮して薄くなっていく症状を言います。また、エストロゲンの分泌量低下による膣内常在菌の減少で生じる各種症状も、萎縮性膣炎の一種とされています。

萎縮性膣炎の主な症状は次のとおりです。

  • 乾燥
  • 性交痛
  • 炎症
  • かゆみ
  • おりもの異常(臭い、色など)
  • 性交時の出血

尿路部

  • 排尿痛
  • 尿意切迫感
  • 頻尿
  • 尿漏れ
  • 血尿
  • 膀胱炎
  • 感染症

これらの症状を見る限り、萎縮性膣炎とGSMは同じようなものに思えるかもしれません。

実はGSMは、萎縮性膣炎を含めた広い概念のこと。閉経前後に現れるさまざまな症状について、婦人科領域だけではなく泌尿器科領域や膣以外の性器も含め広くとらえた概念のことをGSMを呼んでいます。言い換えれば、萎縮性膣炎はGSMの一部ということになります。

GMSの治療について

GSMの診療科

GSMは女性の閉経にともなう幅広い症状の総称なので、特定の診療科の専門領域というわけではありません。

ただし、原因がエストロゲンの減少であることや類似症例の診療経験の観点から、まずは婦人科で診てもらうのが王道と考えて良いでしょう。ほかにも、泌尿器科や女性内科などでもGSMに対応できることがあります。

GSMの主な治療方法

レーザー照射

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)や膣ハイフ(超音波)、エルビウムヤグレーザー、高周波(RF)などのレーザーを膣内に照射することで、GSMの症状緩和が期待できます。

炭酸ガスレーザーの主な機種は「モナリザタッチ」「フェミリフト」など、膣ハイフの主な機種は「ウルトラヴェラ」「yoniハイフ」など、エルビウムヤグレーザーの主な機種は「インティマレーザー」「アクションIIプチレディ」など、高周波(RF)の主な機種は「ビビーブ」「サーミバー」などです。

ホルモン治療

ホルモン剤の全身投与、または局所投与によりGSMの症状緩和が期待できます。

ただしホルモン剤は副作用がやや強いため、医師と相談しながら慎重に使用することが大切です。

非ホルモン治療

ホルモン剤以外の外用薬や保湿剤、市販の潤滑剤など、ホルモン剤とは異なる薬や商品でGSMの緩和を目指す方法もあります。既往症などの理由でホルモン剤の使用が推奨されない方は、非ホルモン治療も選択肢となるでしょう。

まとめ

GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)の主な症状や原因、主な治療法、萎縮性腟炎との違いなどについてご紹介しました。

GSMは、閉経前後の多くの女性に見られるデリケートゾーンの不快症状の総称です。膣や外陰部、尿路などに症状が多発することから、中には誰にも相談できず、一人で悩みと戦っている方がいるかもしれません。

婦人科クリニックでは、GSMを含めた女性器に関する悩みに幅広く対応しています。GSMは放置すると症状が悪化していくだけなので、早めの受診が大切。婦人科では毎日多くの女性がデリケートゾーンの診療に訪れているので、GSMが疑われる症状を自覚したら、恥ずかしがらずに診療を受けるようにしましょう。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
新宿で膣縮小治療が受けられるクリニック9院
渋谷で膣縮小治療が受けられるクリニック4院
池袋で膣縮小治療が受けられるクリニック
銀座で膣縮小治療が受けられるクリニック
六本木で膣縮小治療が受けられるクリニック
上野で膣縮小治療が受けられるクリニック
表参道で膣縮小治療が受けられるクリニック
目黒・自由が丘で膣縮小治療が受けられるクリニック
青山・外苑前で膣縮小治療が受けられるクリニック
大塚・巣鴨・駒込で膣縮小治療が受けられるクリニック
品川・五反田で膣縮小治療が受けられるクリニック
新橋で膣縮小治療が受けられるクリニック
日本橋で膣縮小治療が受けられるクリニック
原宿・明治神宮前で膣縮小治療が受けられるクリニック
有楽町・日比谷で膣縮小治療が受けられるクリニック
恵比寿で膣縮小治療が受けられるクリニック
高田馬場で膣縮小治療が受けられるクリニック
秋葉原で膣縮小治療が受けられるクリニック
赤坂で膣縮小治療が受けられるクリニック
中野で膣縮小治療が受けられるクリニック
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top