女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療のおすすめクリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】 » 膣のゆるみを解消する代表的な膣縮小治療法 » ビビーブによる膣縮小治療

ビビーブによる膣縮小治療

ビビーブは膣内に高周波を照射し、熱による引き締め効果をもたらす治療機器です。膣のゆるみ解消はもちろん、外見的な回復も得られます。治療内容や、治療にかかる費用・時間、ダウンタイムの有無のほか、メリット・デメリットについて解説します。

ビビーブについて

ビビーブは、高周波により膣内に熱を加え、引き締めを与える治療機器です。これまでに膣トレや、磁気による筋肉刺激治療機器を使用して、満足のいく効果を得られなかった方でも膣のゆるみ解消を実感できる可能性が高くなります。

施術方法は、膣内にビビーブの先端を挿入し、膣内の粘膜下層へ高周波エネルギーを照射します。その際の温度は60~65℃になりますが、麻酔クリームを使用するため痛みを感じることはほぼありません。また、手術が伴わないため施術後の出血もなく、体への負担も少ないです。

ビビーブは、EU加国の安全基準を満たしている工業製品に与えられる「ヨーロッパCEマーク」を取得しています。施術を受けた方のうちの多くがゆるみ解消を実感できたそうです。1回の照射につき、効果の持続期間は1年程度です。

  • 費用相場
    30万円~35万円前後
  • 所要時間
    30分~1時間程度
  • ダウンタイム
    7日間程度が目安です。シャワーや入浴は当日から可能で、家事やお仕事なども通常どおり行えます。ただし、性交渉は1週間~10日間程度控えてください。

ビビーブの効果

ビビーブの効果のメカニズムとは、膣壁に高周波エネルギーを照射し低温の熱ダメージを与えて、コラーゲンの生成組織を活性化させるというもの。高周波によるアプローチという観点から「膣のサーマクール」と呼ばれることもあります。

照射後は膣壁がふっくらとすることで、膣のゆるみが改善されます。膣口から子宮の手前まで照射可能のため、全体的な引き締め効果が。また保水力に優れたコラーゲンが増えることで、膣の乾燥にも効果が期待できます。

ビビーブの注意点

ビビーブはすべての膣のゆるみに適している施術、というわけではありません。膣粘膜の厚みや女性の年齢によって、逆効果になってしまう可能性もあります。まずは婦人科形成クリニックで、ビビーブがベストな治療かどうか相談してみると良いでしょう。

施術はメスを使わない治療ですので、負担が少なく、術後の出血や痛みといったダウンタイムはほとんどありません。また傷あとが残る心配もないため手術に抵抗感がある方でも受けやすい治療です。

ビビーブのメリット・デメリット

メリット

メスを使用しないため傷跡が残らない
痛みがほとんどなく、出血もしない
1回の施術で効果が得られる
外科手術やレーザーでは得られないコラーゲンの増生効果により、粘膜を厚くすることが可能

デメリット

閉経前55歳くらいまでの女性にしか効果がない
半年以内に出産予定のある方、授乳中の方には適さない
膣粘膜の厚みにより向き・不向きがある
効果の持続期間は1年程度となるため、定期的に治療を受ける必要あり

膣縮小治療「ビビーブ」が受けられるクリニック【東京】

当サイトで紹介している膣縮小治療のクリニックの中から、ビビーブに対応しているクリニックを紹介します。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。※随時更新予定

みどり美容クリニック・広尾

みどり美容クリニック・広尾公式HPキャプチャ
引用元:みどり美容クリニックお悩み相談室公式サイト
(https://midocli-ladys.com/)

みどり美容クリニック・広尾のスタッフは、院長の満行みどり先生を含めすべて女性です。デリケートな膣の悩みを男性医師に打ち明けるのに抵抗があるという方でも、安心して施術にあたっていただけます。

ビビーブによる治療を受けて良かったという声が多いようです。メスなどを使用しないため出血量もゼロとなり、施術部位への負担も少なく済む治療法となっています。

滿行 みどり 医師

2001年に佐賀医科大学医学部を卒業後、九州大学医学部付属病院や佐賀県立病院にて初期研修。研修終了後の2003年に聖心美容外科へ入職し、早くも美容外科医としての道をスタートさせました。
2010年にみどり美容クリニック・広尾を開院するまでの間で、もっとも力を入れてきた分野が女性器形成。インティマレーザーやウルトラヴェラなどのマシンを駆使し、患者一人ひとりのお悩みに合わせた繊細な治療を行っています。DVL(外陰部形成レーザー手術)とLVR(膣引き締めレーザー手術)の資格を保有。女性器形成分野での学会活動にも熱心なドクターです。

みどり美容クリニック・広尾の基本情報
所在地 東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F
東京メトロ日比谷線「広尾駅」2番出口より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00
※完全予約制・年中無休
施術料金 308,000円
院長 満行(みつゆき)みどり先生(女性医師)

みどり美容クリニックの
公式サイトを詳しくみる

クリニックの電話番号:03-5789-1107

なおえビューティークリニック

なおえビューティークリニック公式HPキャプチャ
引用元:なおえビューティークリニック公式サイト
(https://www.naoe-clinic.net/)

なおえビューティークリニックにおける年間の婦人科形成の施術件数は484件(2017年5月~2018年4月の実績)。経験豊富なスタッフが揃うから、信頼して施術を任せることが可能です。

また、対応スタッフはすべて女性となるため、抵抗も少なく施術に挑めます。ビビーブのメリットは、メスを使わないこと。手術は怖いという方にもおすすめです。麻酔も不要、施術時間は20分程度と短時間で終了するのもうれしいポイントです。

喜田 直江 医師

2001年、京都府立医科大学医学部卒業。産婦人科医として多くの分娩や手術症例を経験したのち、形成外科医に転じて縫合等の基本から改めて習得。2006年に大手美容外科に入職し、主に婦人科形成手術を豊富に経験。2011年、なおえビューティークリニックを開院して現在にいたります。
膣や小陰唇を始めとした女性器のお悩みに対し、メスやレーザーを使った様々な治療を提供。膣縮小治療「ビビーブ」の資格も保有しています。

なおえビューティークリニックの基本情報
所在地 東京都中央区銀座5-5-1 ニュウ銀座千疋屋ビル9
東京メトロ「銀座駅」B5出口より徒歩すぐ
診療時間 平日11:00~20:00
土日祝10:00~19:00
※完全予約制・日曜日不定休
ビビーブの施術料金 272,800円
院長 喜田 直江先生(女性医師)

なおえビューティークリニック公式サイトで詳しくみる

クリニックの電話番号:03-5537-7560

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック公式HPキャプチャ
引用元:湘南美容クリニック公式サイト
(https://www.s-b-c.net/)

「美容整形をもっと身近に」をコンセプトに、全国展開している大手美容クリニックグループ・湘南美容クリニック。婦人科形成治療を幅広く扱っており、ビビーブをはじめヒアルロン酸注入や脂肪注入、また膣圧の計測なども行っています。

新宿本院の院長は男性医師ですが、女性医師も多数在籍しており、希望があれば女性医師が対応してくれます。ドクターやカウンセラーとの無料メール相談もOK。気軽に相談しやすいのが嬉しいポイントです。

藤田 亜弓 医師

聖マリアンナ医科大学医学部卒業。日本医科大学武蔵小杉病院、東京慈恵会医科大学附属病院形成外科などの勤務を経て、湘南美容クリニックに入職。2021年現在、新宿本院を中心に活躍しているドクターです。
得意分野は婦人科形成、二重埋没法、わきが治療。とりわけ婦人科形成の技術力においてはグループ内でも定評があり、多くの在籍医師たちに指導をする立場でもあります。日本形成外科学会正会員として、学会・研究活動にも余念がありません。

湘南美容クリニック 新宿本院の基本情報
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
JR「新宿駅」西口より徒歩10分
診療時間 10:00~19:00
※予約制・完全無休
ビビーブの施術料金 201,660円
院長 中村 大輔先生(男性医師)

湘南美容クリニック公式サイトで詳しくみる

クリニックの電話番号:0120-489-100

女性医療クリニックLUNA

女性医療クリニックLUNA公式HPキャプチャ
引用元:女性医療クリニックLUNA公式サイト
(http://www.luna-clinic.jp/)

「いつまでも美しい女性のために」をコンセプトに掲げる女性医療クリニックLUNA(ルナ)では、婦人科形成や婦人科、女性内科など、女性のための診療を提供しています。診療は院長の関口由紀先生をはじめとする女性ドクターが多数在籍しており、希望があれば女性ドクターが担当してくれます。

アートメイクやレーザー脱毛を扱う「LUNAメディカルビューティーセンター」とピフィラティスや美容鍼灸が受けられる「LUNAヘルススタジオ」が併設されており、トータル的な美容のサポートが受けられます。

関口 由紀 医師

1989年、山形大学医学部卒業。横浜市民病院、横浜市立大学医学部泌尿器科、湘南鎌倉総合病院(婦人科部長)、横浜南共済病院などの勤務を経て、2005年、女性医療クリニックLUNAの前身となる婦人科クリニックを開院し現在にいたります。
女性の体に関するお悩みにトータルで応えているドクターですが、中でも特に膣形成・膣美容の分野においては日本でも多くの実績を持っており、数々の著書や雑誌インタビューなどを通じ、一般にも広く名前が知られているドクターです。日本泌尿器科学会専門医・指導医など多くの専門資格を保有。

女性医療クリニックLUNAの基本情報
所在地 神奈川県横浜市中区元町1-32
みなとみらい線「元町中華街駅」5番出口より徒歩2分
診療時間 10:00〜18:30
※日曜休診
施術料金 公式サイトに記載なし
院長 関口 由紀先生(女性医師)

女性医療クリニックLUNA公式サイトで詳しくみる

クリニックの電話番号:045-651-6321

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
新宿で膣縮小治療が受けられるクリニック9院
渋谷で膣縮小治療が受けられるクリニック4院
池袋で膣縮小治療が受けられるクリニック7院
銀座で膣縮小治療が受けられるクリニック9院
六本木で膣縮小治療が受けられるクリニック
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top