女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » 膣ナラ(ちなら)原因と解決策は?

膣ナラ(ちなら)原因と解決策は?

「膣ナラ」でお悩みの女性はいませんか?彼と一緒のときに膣ナラが…なんて人もいると思います。

しかし!悩んでいるのはあなただけではありません。ましてや恥ずかしいことでもありません。読み進めると納得できるはず。膣ナラの原因と、膣ナラを防ぐ対策方法についてお話します。

膣ナラ(ちなら)とは

膣ナラとは、膣に入った空気が「おなら」のように出てしまう生理現象のことをいいます。おならは口や鼻から入った空気、腸内で発生したガスが出ることを指しますが、膣ナラは単純に空気が出ているだけ。おならとは全く違います。

膣ナラ(ちなら)の原因

では、どうして膣ナラは起こるのでしょうか。大きく分けると2つのシーンが考えられます。

腹圧がかかることで起きる

ヨガやストレッチを行っているとき、膣ナラが気になるという女性もいるでしょう。腹圧がかかるポーズを取ることで、膣に空気が入ってしまうのです。そして、姿勢を戻している最中におならのような音を立ててしまうのです。生理現象ではありますが、おならのように止めることはできません。

性行為中に起きる

膣にペニスや指が挿入されると、少なからず膣に空気は入ってしまいます。挿入の角度や深さ、体位によって膣に入ってしまう空気の量は異なりますし、男性の動きが早ければ空気は多く入ってしまうのです。

また、膣とペニスの密着度が高いほど膣ナラは発生しやすいともいわれます。ということは、お互いに感度が高まっているから。このように考えると、性行為中に起こる膣ナラは相性抜群の証拠、ということですよね。

膣ナラ(ちなら)を防ぐ対策方法

それでも膣ナラは「恥ずかしい」「出来ることなら避けたい」と思ってしまいますよね。

そんなあなたにおススメしたいのが、「骨盤底筋群」と呼ばれるインナーマッスルを鍛えて膣を縮小させること!

出産後や年齢を重ねることで尿漏れを体験する女性は多いのですが、そのときに勧められるのが骨盤底筋群を鍛えるトレーニング。尿道口を鍛えるだけではなく、膣や肛門の締まりも一緒に改善できることで知られています。いわゆる「膣トレ」にもなります。骨盤底筋群を鍛えるとダイエット効果もあるので、気になる方はチャレンジしてみましょう。

スクワットなどの筋トレ

スクワットは骨盤底筋群を鍛えるのに最適です。立ったままで行えるので、場所も取りません。

  1. 両足を肩幅に広げ、足の指先は少し外へ向けて立ちます。
  2. 息を吸いながら、ゆっくりと腰を下ろします。

    このとき、骨盤底筋群を意識してお尻を締めるようにしましょう。(おならを我慢するような感覚です)

  3. 息を吐きながら、元の姿勢に戻ります。

これを3回繰り返して1セットとし、1日3回は行ってみましょう。

ヨガ

ヨガにも骨盤底筋群を鍛えるポーズがあります。

  1. 猫のポーズ
  2. 橋のポーズ
  3. ダウンドッグ

どのポーズにも言えることは、お尻を締めて骨盤底筋群を意識しながら呼吸をすること。

1や2のポーズは、ベッドの上でも行えます。朝起きたときと夜寝る前に行ってもいいですね。

LCインナーボール

「ラブコスメ」から販売されている、LCインナーボール。膣トレのために開発されました。

使い方は簡単。インナーボールを1つ膣に挿入して約10分間、下腹部に力を入れるよう意識するだけ。慣れてきたら2つ挿入してもいいでしょう。医療用器具にも使用される素材でできているのも安心ですね。

まとめ

膣ナラの原因と解決策についてお伝えしました。

性行為中の膣ナラは、愛し合っている証拠。それでも膣ナラは恥ずかしい、エクササイズ中の膣ナラが気になる、という方は膣縮小を目的に骨盤底筋群を鍛えてみましょう。

デリケートな悩みでもあります。気になる方は、産婦人科医や形成医などに相談してみましょう。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top