女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » 膣縮小術とは?治療内容から体験談まで徹底解説! » 韓国で行われている膣縮小術

韓国で行われている膣縮小術

美容大国と呼ばれる韓国では、整形手術が盛んに行われています。ぱっと目につく顔やボディラインの整形はもちろん、なかなか人には相談しにくい女性器の整形手術が施されることもごく一般的です。具体的な治療方法を解説していきます。

イップニ手術

イップニ手術の正式名称は「後方膣円蓋術」です。膣のゆるみのほか、尿もれや、性交渉中に膣から空気がもれるような音がするといった悩みを解消するのにも効果的な治療法となっています。
ちなみに「イップニ」とは、翻訳すると「可愛い子」という意味になるそうです。

膣縮小フィラー

フィラーとは、ヒアルロン酸などの膣専用素材を膣内に注入し、膣内壁を狭めることでゆるみを解消させる治療法です。注入に使用される素材にはいくつかの種類がありますが、中でも「パールフィラー」は韓国で急速に広まったものとなっています。

非毒性でアレルギーテストも不要なため、安心して使用できるとともに、万が一の際には取り出すこともできる万能な素材です。一度注入すると効果が半永久的に続くのもうれしいポイント。
日本にもパールフィラーを取り扱っている美容クリニックがあるので、気になる方は一度調べてみるとよいでしょう。

日本でも人気のある韓国の美容クリニック

韓国にはたくさんの美容クリニックがありますが、その中で日本人にも人気のあるクリニックを2ヵ所ご紹介します。

QTアートメイクセンター

日本語対応もばっちりで、不安も少なく施術を受けられます。カウンセリングは日本人が対応することもあるようで、施術中の説明もとても丁寧だと評判です。
膣縮小に関しては、手術やフィラー、レーザーなどによる治療が選べます。

韓国ザ・クリム産婦人科&皮膚科

技術力が高いことから人気のクリニックです。治療によるメリット、デメリットの両方をくまなく説明してくれるような親切な対応をしてくれるため、安心して治療を受けることができます。
フィラー、レーザーによる膣縮小治療が可能です。

トラブルが起こるおそれも?

韓国での整形治療が人気な理由は、その費用の安さにあります。とはいえ、日本人が韓国で整形手術を受けるにあたっては、いくつかの注意点があります。

まずは言葉の壁があること。コミュニケーションがうまく取れないことで、要望どおりの仕上がりにならなかったというトラブルの可能性です。また、日本人が求めるデザインと、韓国でよしとされているデザインにズレがあり、結局日本で手直しをしなければならないという事態に陥ることも。

このほか最悪の事態として、外国人狙いのヤブ医者による施術を受けてしまったことで、後遺症に悩まされるといったトラブルもまれに聞かれます。ヒアルロン酸だと言われて、異物を注入されたというような恐ろしい事件も実際に起こっているのです。

このような事件に巻き込まれないためにも、日本語対応がしっかりされていて、日本での口コミ評判もよい美容クリニックを選ぶようにしましょうね。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top