女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » 尿漏れの原因は?

尿漏れの原因は?

尿漏れ(腹圧性尿漏れ)が起こる原因

尿漏れとは、尿意を感じていないのに、少量の尿を漏らしてしまい、生活の中で困る場面があったり衛生面でも問題となったりする症状です。命を脅かすような病気ではないため、誰かに相談したり病院を受診したりするのが恥ずかしいと言う人も少なくありません。また、「年齢のせいだから」と治療を諦めて、病気ではないと自己判断するケースが非常に多いです。

しかし、尿漏れは多くの人が悩みを抱えている症状であり、治療をすることによって改善される場合があります。「年齢だから」と諦めず、まずは病院に相談してみましょう。

尿漏れの中でも「腹圧性尿漏れ」は非常に多く、骨盤底筋の緩みが主な原因で起こります。女性の骨盤の内部には膣や卵巣、子宮、膀胱、直腸、尿道、肛門といった様々な臓器が納められています。様々な臓器を下から支えるためには、骨盤底筋の筋力が重要です。

しかし、出産や更年期によるホルモンの減少、もしくは肥満などが理由で、骨盤底筋の筋力が弱くなると筋肉を支えることが難しくなります。そのため、膀胱の筋力が弱まり尿漏れが起こりやすくなるのです。

腹圧性尿漏れの症状

圧迫性尿漏れの主な症状は、腹部に力を入れた際に尿が漏れるというものです。例えば、くしゃみや咳をしたとき、笑ったときに少量の尿が漏れるケースがあります。他にも、長時間歩いていたり立ち上がろうとしたりといった場面で尿が漏れることがあります。また、トイレに行きたいと考えていない場合でも、何かのはずみで尿が漏れたり重いものを持ち上げたりした際に漏れることも多いです。閉経を過ぎ、更年期になって尿漏れが起こり、症状が悪化する人も少なくありません。

腹圧性尿漏れになりやすい人の特徴

腹圧性尿漏れになりやすい人として、2回以上の出産経験がある人が挙げられます。出産の際に骨盤底筋に多大な負荷がかかることによって、骨盤底筋に緩みが生じ圧迫性尿失禁尿漏れになる確率が高まる傾向に。また、肥満気味の人も腹圧性尿漏れを招きやすいとされています。肥満気味の人は、減量に成功すれば尿漏れが改善される可能性が高いです。

腹圧性尿漏れの予防方法は?

腹圧性尿漏れを予防するためには、骨盤低筋運動をする方法が有効です。膣トレと呼ばれるセルフトレーニングを行うことによって、骨盤底筋の筋力を増強させて尿漏れを予防することにつながります。骨盤底筋を鍛えるための運動は、尿道と膣、肛門に力を入れ、締めたり緩めたりするだけと簡単です。3秒ほど締め続け、その後ゆっくり緩めるという動きを2~3回繰り返しましょう。引き締めている時間を徐々に伸ばしていき、1回5分程度から始め、慣れてきたところで10~20分程度に増やします。

座った姿勢でできるようになった後は、仰向けで行ったり電車の中やバスの中で立った状態で行ったり、家事をしながら実践しましょう。

腹圧性尿漏れの治療法は?

圧迫性尿漏れの治療法には、主に5つの方法があります。

1つは薬物治療です。萎縮性膣炎などを伴う場合や、症状が重い場合には内服薬での治療が行われます。

2つ目はペッサリーという器具を使った方法です。ペッサリーを膣内に挿入して直腸や膀胱が落ちてしまうのを抑えます。挿入後は違和感がなく性行為も可能ですが、入れたままの状態にすると膣内に傷がついてしまうケースも少なくありません。定期的に病院で洗浄の処置を行う必要があります。

3つ目が注入治療です。コラーゲンを膣に注入することによって、尿道周辺の筋力を増強させます。

4つ目がレーザー治療です。治療レーザー治療を行う前に局所麻酔を行い、膣に器具を挿入して膣口と膣内、尿道口周囲に20分程度レーザーを照射します。治療後はすぐに生活することが可能で、副作用もほぼありません。

尿漏れを早く改善したいと考えている場合には、レーザー治療や注入治療を受ける方法が有効です。時間をかけてゆっくりと治療したいのであれば薬物治療を受けるとよいでしょう。自分の目的や考え方に合った治療法を選ぶためにも、専門のクリニックで相談することが大切です。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top