女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » 性行痛について

性行痛について

なぜ性行痛はおこる?

性交痛とは、セックスの際に起こる痛みのことです。痛みを繰り返す場合には、性交疼痛障害(せいこうとうつうしょうがい)ともいいます。では、なぜセックスのときに痛みを感じてしまうのでしょうか。その原因を解説していきましょう。

膣内の炎症や感染症

膣内、あるいは外陰部などに炎症がある場合には痛みを感じやすくなります。分泌腺の炎症や尿道の炎症が原因の場合もあります。主に「挿入時の痛み」の原因は、この炎症性の痛みのことが多いようです。性感染症などで炎症が起こることもあるので、痛みがある方は検査をしてみるとよいでしょう。

膣内部・外陰部の萎縮

「挿入時の痛み」は炎症や感染症だけではありません。膣内部や外陰部の萎縮も考えられます。炎症が継続したり、閉経後に女性ホルモンが不足してくると萎縮が発生することがあります。萎縮が発生すると、性的に興奮を受けても「濡れる」状態になりにくく、挿入時の摩擦によって痛みを感じます。濡れているときの状態は、毛細血管が拡張して、血管壁を通して潤滑液が滲み出てくるので、膣周辺が萎縮してしまうと、このシステムがうまく機能しなくなってしまうのです。

処女膜が厚い

処女膜が生まれつき厚い場合にも、性交時に痛みを伴います。通常、処女膜は膣口に近いところに位置していて、厚さは1ミリ程度です。中央付近には小さな穴が貫通しており、膣外と通じています。とても柔らかく薄い粘膜ですから、すぐに破れてしまうのですが、まれに、厚くて固い組織の場合があります。この症状を「処女膜強靭症(しょじょまくきょうじんしょう)」といいます。自覚症状などはない場合が多いのですが、膣口が狭く、伸縮しづらいため痛みを伴うことがあります。無理に挿入しようとすれば、大きな出血を起こすこともあるので無理はしないようにしましょう。また、処女膜強靭症は日帰りによる切開手術で治療することが可能です。

精神的なもの

炎症や膣粘膜に萎縮など、身体には痛みを感じる要因がない場合でも、精神的な原因で痛みを感じてしまう場合も。これは、心因性の痛みと分類され、痴漢やレイプなど過去のトラウマによるもの、子供時代のセックスへの嫌悪感、女性ホルモンの変化などさまざまな原因が考えられます。 男性に比べて女性は気持ちの影響が大きく出やすくなります。あまり乗り気でない場合、無意識に力が入ってしまい、痛みが出る人も少なくありません。

前戯が不十分

前述したように、「濡れる」という現象は、性的興奮から毛細血管が拡張して起こります。つまり、前戯が不十分で、性的興奮が得られない場合には潤滑液が出ないことになります。そのまま挿入すれば、粘膜の摩擦によって擦過し、痛みを伴うことになるのです。

緊張やストレス

セックスがあまり好きではない人も男女問わず意外と多いものです。また、極度に緊張する場合もあります。このような場合には、上記の前戯不足と同様に、性的な興奮が得られません。女性の場合はとくに、緊張しやすくストレスをためやすいので、無意識に体に力が入ってしまう場合もあります。心身をゆるめるためには、アロマキャンドルを焚いてみたり穏やかな音楽をかけてみたりとお互いにリラックスした雰囲気をつくり出すようにしましょう。

出産後である

出産後は、ホルモンバランスが崩れることがあります。その場合には、潤滑液が十分に出ないため、痛みを感じることがあります。また、出産の痛みから、セックスをしているときに痛みに過敏な状態になっている場合も考えられるでしょう。

性行痛の解消方法

セックスはとても大切なものです。痛みを感じれば、パートナーの誘いを断り、関係も疎遠なものになりかねません。セックスを楽しいものと感じるためにも、性交痛を解消しておきましょう。

パートナーの理解を得る

性交痛があるのに、無理にセックスをすることはありません。きちんと治療をしてから再開すればよいのです。そのことは、パートナーとも真摯に話し合う必要があります。場合によっては、パートナーも参加して治療を行なうことも考えてみましょう。

潤滑剤を使用する

性交痛の多くは、膣から分泌される潤滑液の不足です。それを補うために、市販の潤滑剤を利用するのも一つの方法です。手軽にできる対策で、それにより性的興奮が得られれば、性交痛も軽減されるかもしれません。

心理的治療法を受ける

トラウマなど、性交痛が精神的要因による場合には、心理的治療法を受けることも考慮しましょう。治療方法は、その人の状態や性格などによって変わってきますが、リラックス法や痛み行動の除去などが考えられます。

レーザー治療を受ける

閉経後には膣壁なども変化して、先に紹介した萎縮が起こる場合もあります。この治療方法としては、レーザー治療が有効といわれることがあります。さまざまなレーザー機器があり、膣専用に使用されるものもあります。治療に取り入れているところも多いので婦人科のクリニックなどに問い合わせをしてみてください。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top