女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧 » 女性器のかゆみ…その原因は?

女性器のかゆみ…その原因は?

女性器の悩みは多々ありますが、かゆみに関する問題はどの女性も経験があるのではないでしょうか?

そこで、女性器のかゆみの原因やかゆみを起こす疾患に関して調べてみました。

日常生活にかゆみの原因が潜んでいる

皮膚のこすれや不衛生な状態

皮膚がこすれてしまったり、不衛生な状態が続いているとかゆみが起こる原因に繋がります。

女性器はとてもデリケートなので、衣類のこすれやナプキンの長時間使用によってダメージを受ける場合も少なくありません。ダメージを受けた部分が炎症を起こす、細菌が発生してかゆみになるなどさまざまです。かゆみを発生させないためにも、女性器は綺麗な状態に保ちましょう。

プールや温泉での感染

プールや温泉といった不特定多数の人が集まり水に入るとなると、水を介してかゆみの原因となる菌がうつる可能性があります。ほかには、プールや温泉自体の衛生管理に問題がある場合も。プールや温泉の場合、なにが原因でかゆみが出たのかを探るのが難しいため、衛生面に慎重になると共に、どのような水質管理を行っているのかもチェックしておいた方がいいでしょう

セックスによる性感染症

不特定多数との性行為やパートナーとの性行為により、性感染症が原因でかゆみとなる可能性もあります。セックスの際に膣がこすれて傷ができ、傷のある部位に細菌が入りこんでかゆみを招くこともあるのです。

かゆみがさらなるかゆみを生む悪循環

ふとかゆみを感じて、掻いてしまうこともあるでしょう。

その際、ついつい掻きすぎてかゆみを増長させてしまい、結果的に疾患にまで発展してしまうケースもあります。かゆみがさらなるかゆみを生む悪循環に陥ってしまうのです。

女性器にかゆみがでる疾患

自覚症状がないだけで、病気にかかってかゆみが現れている場合もあります。

軽い症状であればある程度放置していても改善されますが、なかには病院に頼らなければ改善しないものもあります。

女性器に痒みがでる疾患について確認してみましょう。

カンジダ症・膣カンジダ

膣の中にある「カンジダ菌」が増殖することでおりものやかゆみなどの不快感となるものです。

カンジダ菌そのものは普段から健康な女性の身体に存在しています。女性器だけでなく、皮膚や口の中に常在しているのですが、ストレスやホルモンバランスによって異常増殖するとかゆみやおるものなどの不快感となってしまうのです。

カンジダ菌は湿気を好むので、お風呂上がりはデリケートゾーンを十分に乾燥させることが大切。また、通気性のよい下着や締め付けが少ない衣類を着用して対策しましょう。

性器クラミジア感染

性器クラミジアの感染は女性の感染症のなかでもっとも多いと言われています。性感染症の一種で、主に性行為によって感染するものです。

性器クラミジアに感染した場合、症状として軽い生理痛のような痛み・不正出血・おりものの増加などがあります。しかし、これらの症状がでるのはほとんどありません。そのため、自覚する頃には既にそれなりに進行しており、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎へと発展するケースもあるのです。

症状に気づき病院へいった場合、抗生剤の内服による治療が行われます。

淋菌感染症

こちらも性行為によって感染する症状です。

淋菌はとても弱い菌です。日光や乾燥に弱いだけではなく、粘膜から離れると数時間程度で感染する力を失います。女性の場合、感染しても症状に気づきにくいと言われています。

目に見える症状として、不正出血や下腹部痛、膿のようなオリモノなどが出ます。淋菌感染症は卵管不妊症、慢性骨盤症、子宮外妊娠などの原因にもなるので気を付けたい病気だと言えるでしょう。

淋菌感染症は抗菌薬による治療が行なわれます。

性器ヘルペス

ヘルペスと呼ばれるウィルスが性器に感染することでかゆみへと発展する症状です。性器ヘルペスに感染する原因としては、性行為が挙げられます。性器ヘルペスに感染してもおよそ60%の人が症状に気づかないと言われている病気です。しかし症状が出始めるとかゆみのほか、性器周辺(外陰・膣の入り口)に水膨れや赤井ぶつぶつが現れます。治療には抗ヘルペスウイルス薬が使われます。

毛ジラミ

シラミが陰毛に寄生することで生まれるかゆみです。寄生した場所によってかゆみが発生する部位が異なります。陰毛のある部位に限らず、肛門や太もも、まつ毛、眉毛など毛のある部位ならどこでも感染する可能性があります。性器への感染原因としては性行為のほか、寝具やタオル、毛布などを介して感染する場合もあります。

治療方法は剃毛(ていもう)する、毛ジラミを殺すシャンプーを使うなどがあります。しかし、毛ジラミの卵には効きません。完治までには多少時間がかかってしまうのを、覚えておきましょう。

日常生活の中でのかゆみ対策法

性器を綺麗に保つ

性器を不衛生にしていると、どうしても菌が繁殖しやすくなります。かゆみに繋がりやすいので、常日頃から衛生的に保つことが大切です。

例えばトイレをした後は柔らかい素材で陰部を拭く、お風呂のときはデリケートゾーン専用の洗浄剤を使うなどの方法があります。最近では専用の洗浄シートも出ているので、そちらを利用するのもいいでしょう。ただし、過剰にやりすぎるのはNGです。

生理用品を見直す

外に用事がある場合や仕事のときなど、生理用品をなかなか取り換えられないと言う人もいるでしょう。こまめに取り換えることがベストですが、難しい場合は生理用品を見直してみるのも1つの手です。

自然素材のナプキンに変えてみる、布ナプキンを使ってみる、月経(メンス)カップを使ってみるなどさまざまな手段があります

性感染症予防を徹底する

性感染症の予防の徹底も大切です。

不特定多数や信頼できない相手との性交渉を避けた方がいいでしょう。また、パートナーにコンドームの装着をしてもらうことも大切です。

女性器のかゆみが気になる場合は病院に相談する

かゆみの原因は多種多様です。原因によっては体に大きな負担をかけてしまう可能性もあります。

かゆみがある場合、少しでも気になるのであれば病院に相談しましょう。自己判断で対処したがために、かえってかゆみを悪化させてしまうケースは珍しくありません。どうすれば良いのか分からないかゆみで悩んでいるのであれば、病院に足を運んだ方が原因の解明から治療まで医師が責任をもって対処してくれます。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top