女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療の安心クリニックランキングBest5

HOME » 安心の婦人科形成クリニック【膣のゆるみ編】 » ヤスミクリニック

ヤスミクリニック

デザインセンスに定評のある「ヤスミクリニック」の膣整形治療の特徴・費用、クリニックの基本情報等を紹介します。

美的感覚に優れた院長自ら治療を行うヤスミクリニック

JR都営三田線の巣鴨駅南口から徒歩2分と通院に便利な好立地にある美容整形外科「ヤスミクリニック」。同院は、前院長により昭和39年に設立された長い歴史を持つ美容外科クリニックであり、口コミ等でも大評判の日本美容外科医師会認定医療機関です。

特に鼻の整形や、20年ほど前にバラエティ番組でが取り上げらた脂肪吸引の施術が有名で、土曜日はもちろん、日曜日も隔週で診療を行っているので、仕事を持っている方にも大変喜ばれています。

現院長の木村知史氏は、平成9年にヤスミクリニックの院長に就任し、総合病院の院長から大手美容外科分院の院長や副院長を歴任してきた実績の持ち主であり、日本美容外科学会美容外科専門医、厚生労働省認定麻酔科標榜医等数々の資格を保持するスペシャリストです。

学生時代漫画家を目指していた木村院長のイラストの腕前はかなりのもので、漫画雑誌での連載や美容整形漫画の監修をするなど美容整形の魅力を漫画という手法を通じて世間に広く伝えて来られた方でもあります。

その美的感覚を活かした施術時のデザインセンスには定評があり、カウンセリング時に院長自ら描く説明図は分かりやすいと評判です。

また、同院では、全身麻酔・硬膜外麻酔・局所麻酔の最新麻酔設備や最新の手術用装置を完備。受付では、名前ではなく番号で呼ばれるなど、患者のプライバシーに配慮した対応も心掛けられています。

「ヤスミクリニック」の膣形成治療とは

ヤスミクリニックの「膣縮小術」「膣前庭部注入法による膣縮小術」の治療法に関して説明します。

膣縮小術(広膣)手術

膣の出産後のゆるみ等に対し、粘膜だけでなく、膣の中の筋肉(肛門挙筋)を縫い縮める方法です。縫合には、溶ける糸を使用するため、術後の通院は不要となります。

膣の縮小は、膣全体を狭くするのではなく、膣の入り口から半分程度を行います。その方がパートナーにとって狭いところを通って広いところに達するので、吸い込まれたような良い感触を与えるのです。

そして、余剰粘膜は縦に襞(ヒダ)を作ります。粘膜下で剥離し、粘膜の下層に糸を引っ掛けて縫い寄せ、襞(ヒダ)を作ります。ヒダは余剰な部分はカットした上で敢えて残し、いわゆる名器と言われる状態にします。

施術時間は、膣粘膜後壁の縫縮までなら1時間、肛門挙筋まで縫い縮める場合は1.5時間程度です。麻酔は硬膜外麻酔で行います。麻酔が下肢の後面からお尻に効くため力が入らないので、施術後2時間程度休んでからの帰宅となります。手術前は前日夜中から絶食、当日手術数時間前から絶飲が原則となります。

経膣分娩をしない限り、効果は永続的と言えるでしょう。(厳密には術後早期に性交渉をすると、少し弛みます。)

膣前庭部注入法による膣縮小術

膣口から5cm位までの間にヒアルロン酸や脂肪の注入を全周性に行います。

ヒアルロン酸使用の場合、プチ整形の形でもできますが、効果は程ほどになるでしょう。

ヤスミクリニック
所在地 東京都豊島区巣鴨1-18-11 十一屋ビル5F
診療時間 10:00~19:00(完全予約制) 休診日:隔週日曜日
施術料金 膣縮小術(筋肉縫縮)…450,000円
医師 男性医師
Page Top