女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » 東京の膣縮小・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】 » LUNA骨盤底トータルサポートクリニック

LUNA骨盤底トータルサポートクリニック

LAレディーストリートメント膣縮小術を取り扱う女性医療クリニック・LUNAグループが運営する「LUNA骨盤底トータルサポートクリニック」の治療の特徴・費用、クリニックの基本情報等を紹介します。

骨盤底トレーニングが魅力!女性専門泌尿器科

2005年4月に横浜元町通りの真ん中に誕生した女性医療クリニック・LUNAグループが、骨盤底トレーニングセンターとして併設していた治療院を女性のための泌尿器科専門クリニックとして2012年に開院したのが「LUNA骨盤底トータルサポートクリニック」です。

LUNAグループの運営理念は「女性の健康を守り、5歳若くなるアンチエイジングを目指すこと」。この理念の実現のため、「女性医療・女性検診・骨盤底障害トータルケア・アンチエイジング・美容医療」という5つの具体的な運営目標を設定し、それぞれの分野で患者さんに満足してもらえるよう、充実した医療を提供しています。

特に、女性泌尿器科と骨盤底障害などの診療をクローズアップした「LUNA骨盤底トータルサポートクリニック」では、膀胱と子宮、直腸を支えている骨盤底が傷むことによる排尿や排便、月経トラブル等を改善するため、軽度な場合は投薬療法を行ったり、傷んだ靭帯を専用のテープで補強する手術を施したりします。

また、理学療法士などの骨盤底トレーナーによる骨盤底を鍛えるトレーニング指導もあり、きちんとトレーニングを行った人の半数以上の症状が改善したという結果も出ているのだとか。膣のゆるみ改善にも大きく役立つこの個別骨盤底トレーニングは、世界標準レベルの高い技術がが提供されています。

また、LUNAグループでは、理事長であり、LUNA骨盤底トータルサポートクリニックの院長である関口由紀氏をはじめ、ほとんどの診療を女性医師が担当し、女性患者が安心して受診できる環境を整備。女性が楽しく自由に生きられることをテーマに、世界標準のレベルの高い女性医療を目指して、日々コツコツと努力を続けています。

LUNA骨盤底トータルサポートクリニックは何位?

膣ゆるみ治療で評判の
クリニックを実績や
治療法で比較!

 

「LUNA骨盤底トータルサポートクリニック」膣整形治療情報

LUNA骨盤底トータルサポートクリニックのおすすめ膣縮小術、「Viveve(ビビーブ)」と、LAレディーストリートメントの「LVDR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)」を紹介します。

「Viveve(ビビーブ)」

手術ではないのでメス・麻酔を使わずRF(高周波治療)を使用して行う治療です。骨盤底の筋肉を強化する骨盤底トレーニングを行っても症状が改善しない方にむけておすすめしている治療法で、従来の外科手術と比較してダウンタイムがとても短い施術でもあります。

ビビーブの施術内容は、膣の粘膜下にある組織にソフトな反応を誘発し、コラーゲンの蓄積を刺激。膣入口に傷跡を残すことなく、張力に抵抗力のある(引き締める)コラーゲンの密度を高める組織再生を行います。

ビビーブで使用される機器は、顔面の皮膚のたるみを治療するサーマクールと全く同様の高周波(RF)技術を用い、膣組織に応用。高周波(RF)エネルギーを使用して熱を発生させ、膣組織の表面を冷却で保護しながら、組織の表面直下にRFエネルギーを誘導し、粘膜下のコラーゲンを増成、たるみを改善させます。

施術は1回のみで良く、臨床研究でも膣が出産前と同じ程度にしまり、性的満足度も改善したことが分かっています。

LAレディーストリートメント「LVDR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)」

2005年頃からビバリーヒルズで流行している女性器の若返り術です。LUNAでは2012年から導入しています。

LVDRは最新のLaserProダイオードレーザーメスを使用し、患部以外の組織を損傷することなく的確にスポット治療を行なうことが可能で、CO2レーザーよりはるかに自然で美しい性器が形成できます。

また、従来膣の入口から数cmという一般的な膣縮小の手術とは異なり、子宮口の手前まで切開し、粘膜の処理だけでなく筋肉から縫い縮められるようになったため、膣をトータルに機能的に若返らせることができるようになりました。
レーザーを用いた手術は、周囲の組織へのダメージが最小限で済み、尿道や肛門に近い手術も安全に行うことができます。

施術時は、局所麻酔と、ブロック麻酔、静脈麻酔の併用で行い、当日帰宅が可能です。

手術時間は後壁のみの場合は1時間程度、前壁も必要な場合には2時間程度かかります。

ダウンタイムは1ヶ月半ほどで、その間は性交渉を控えてください。

※2019年2月現在、同院は名称を「女性医療クリニックLUNA」に変更しております。また、公式サイトでは「女性医療クリニックLUNA」による膣縮小治療は確認できませんでした。

女性医療クリニックLUNAで行われる治療内容は?

女性医療クリニックLUNAでは、世界標準の高いレベルの女性医療を提供しています。
2019年2月現在はどのような治療を行っているのかをまとめました。

女性医療クリニックLUNAネクストステージ

女性泌尿器科と、皮膚科・美容皮膚科を併設する女性医療クリニックLUNAネクストステージ。女性泌尿器科では、なかなか人に相談しづらいデリケートな悩みを相談することが可能です。
尿失禁、尿漏れや頻尿、過活動膀胱に排尿困難など、さまざまなお悩みを抱えた患者さまが来店されています。そのほか、子宮脱・子宮下垂といった骨盤臓器脱、女性性機能障害にむずむず脚症候群のお悩みがある方も、いつでもご来院ください。

皮膚科・美容皮膚科の分野では、にきび、しみ、イボやほくろなど、皮膚に関するさまざまなお悩み、お困りごとをいつでも受け付けています。

女性医療クリニックLUNA横浜元町

婦人科、乳腺・甲状腺外科が専門となる女性医療クリニックLUNA横浜元町。婦人科では婦人科癌検診に、良性卵巣腫瘍、子宮筋腫の治療、子宮内膜症や月経異常に関するお悩みなど、幅広い分野に対応しています。
乳腺・甲状腺外科では、乳房に関するさまざまな症状全般(乳房のしこり、分泌物、痛みなど)を診察可能。甲状腺に気になるしこりがある場合も、ご相談ください。

女性医療クリニックLUNA
所在地 神奈川県横浜市中区元町1-32
診療時間 10:00~18:30 休診日:日曜日
主な診療科目 女性泌尿器科(女性医療クリニックLUNAネクストステージ)
:尿失禁(尿漏れ)/頻尿・過活動膀胱/排尿困難/骨盤臓器脱(子宮脱・子宮下垂・膀胱瘤・直腸瘤)/間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)/慢性骨盤部痛症候群/外陰痛症/女性性機能障害など

婦人科(女性医療クリニックLUNA横浜元町)
:婦人科癌検診(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌)/良性卵巣腫瘍(卵巣嚢腫)/子宮筋腫/子宮内膜症(子宮腺筋症)/月経異常(過多月経、月経困難症、無月経、月経不順、不正性器出血)/おりもの(帯下)の異常/性行為感染症(クラミジア感染、淋病、梅毒など)など

乳腺・甲状腺外科(女性医療クリニックLUNA横浜元町)
:乳房のしこり(良性・悪性)/乳頭分泌異常/乳房の痛み(乳腺症)/疼痛(乳腺炎)/腋窩の痛み/女性化乳房/甲状腺腫瘤(良性・悪性)

皮膚科・美容皮膚科(女性医療クリニックLUNAネクストステージ)
:にきび/しみ/イボ/ほくろ/アトピー/魚の目/湿疹/水虫/火傷/脱毛症/擦り傷/切り傷など
医師名 院長兼理事長:関口 由紀先生(女性医師)
医師情報 山形大学医学部を卒業後、横浜市民病院臨床研修医を経て横浜市立大学医学部泌尿器科助手として医療に携わる。その後、横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センターにて勤務し、2007年には横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学を修了、横浜市立大学医学部の客員教授となる。

2005年に、横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。2007年には医療法人LEADING GIRLSとして新たなスタートを切る。2008年には婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。その後、2009年には骨盤底トレーニングセンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。のちにトレーニングセンターをLUNA骨盤底トータルサポートクリニックと改め、女性泌尿器科専門のクリニックとし、自ら再び院長に。
2013年には、LUNA骨盤底トータルサポートクリニック内に、美容医療施設としてLUNAメディカルビューティーセンターをオープン。美容皮膚科、形成外科診療を開始。
2015年には大阪府大阪市に女性医療クリニックLUNA心斎橋を開院し、現在に至る。
膣縮小以外の治療 乳輪乳頭カモフラージュ/傷跡、白斑症/スカルプスキンニードル
Page Top