女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » 膣のゆるみを解消する代表的な膣縮小治療法 » ダブルVタイトニングによる膣縮小治療

ダブルVタイトニングによる膣縮小治療

ダウンタイムが3日間と短い画期的なレーザー治療機器「Vタイトニングレーザー」と、世界初の女性器専用超音波治療機器「ヴィーナスハイフ」を同時に照射する治療法「ダブルVタイトニング」。治療内容や、治療にかかる費用・時間、ダウンタイムの有無のほか、メリット・デメリットについて解説します。

ダブルVタイトニングについて

  • 治療内容
    ダブルVタイトニングは、レーザー治療のVタイトニングレーザーと、超音波治療のヴィーナスハイフを合わせて照射する治療法です。
    Vタイトニングレーザーが、膣粘膜の上皮から粘膜下層にまで効果的に熱を与えるのに加え、ヴィーナスハイフが筋層にまで深く超音波エネルギーを照射。レーザーと超音波いずれか一方の治療のみを行う場合と比べ、より高い効果を実感いただけます。

    施術中は麻酔クリームを膣内に塗るため、痛みはほぼなし。治療直後は多少の違和感を覚える方もいらっしゃいますが、ダウンタイムも短く済み、膣内への負担も少なめです。

    膣粘膜の厚みやゆるみ度合いに合わせ、それぞれの照射レベルは調整可能です。患者さまひとりひとりに最適な、オーダーメイド施術を受けられます。手術以外の方法で、より高い引き締め効果を得たい方におすすめの治療方法です。
  • 費用相場 35万円前後
  • 所要時間 30分~1時間程度
  • ダウンタイム
    3日間程度。ダウンタイム中はおりものが増える傾向が見られるので、ナプキンやおりものシートのご使用がおすすめです。

ダブルVタイトニングのメリット・デメリット

メリット

VタイトニングレーザーとヴィーナスハイフがWで作用し、より高い効果を得られる
メスを使用しないため、膣内にかかる負担が軽度で済む
1回の施術で効果が得られる
性交渉によりパートナーにバレる可能性が限りなく低い

デメリット

ダウンタイム中におりものが増える傾向がある
効果の持続期間は1年程度となるため、定期的に施術が必要
効果がなくなるたびに施術を行う手間がある

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top