女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療の安心クリニックランキングBest5

HOME » 膣のゆるみを解消する代表的な治療法 » 高周波(ビビーブ)

高周波(ビビーブ)

ここでは、高周波エネルギーの使用で、膣のゆるみ解消や膣内のコラーゲン活性化を促す効果のある治療法「ビビーブ(高周波)」を紹介しています。治療の方法、費用相場、所要時間、ダウンタイム、メリットやデメリットなどを解説します。

高周波(ビビーブ)について

  • 治療内容
    ビビーブ(viveve)は、別名「膣のサーマクール」とも呼ばれるメスやレーザーを使用しない膣の引き締め療法の一つで、ヨーロッパCEマークも取得している安心の器械です。

    膣組織の表面を冷却しながら、高周波エネルギーを用いて膣内部を収縮することで、膣のゆるみ解消効果だけでなく膣壁の細胞が活性化し、コラーゲンの増生が促進。外見的な回復はもちろん、結果的に女性・男性共に性交時の満足感アップにつながる効果も期待できます。

    膣壁の細胞の活性化は、手術でも得られない効果のため、以前外科的手術を受けられた方が改めてビビーブを受けても、新たな効果を得られるでしょう。実際にビビーブの治療を受けた方の約90%が膣の引き締め効果を実感しているということです。

    また、出血を伴う外科手術ではないので、痛みもなく、麻酔の必要もありません。1度の施術で済むので、頻回な通院をしなくても良いことも魅力でしょう。
    「膣トレ」や「骨盤底トレーニング」、磁気によって骨盤底筋を刺激する方法などでも効果の得られなかった方や、外科的手術に抵抗を感じている方にもオススメの施術方法です。
  • 費用相場 30万円~35万円前後
  • 所要時間 30分~1時間程度
  • ダウンタイム
    7日間程度。シャワーや入浴は当日から可能で、家事やお仕事にも支障がありません。性交渉は1週間~10日間程度控えてください。

ビビーブ治療の実績が豊富なクリニックはこちら>>

 

ビビーブ(高周波)治療のメリット

メスを使用しないので傷跡が残らない。
痛みが無く、出血もしない。
1回の施術で効果が得られる。
外科手術やレーザーでは得られないコラーゲンの増生によって、粘膜を厚くすることが可能。
複数回の施術が必要な注入法やレーザー・外科手術と比較して、費用が安い。

ビビーブ(高周波)治療のデメリット

閉経前55歳位までの女性にしか効果が無い。
半年以内に出産予定のある方、授乳中の方には適さない。(ホルモンバランスの関係で施術しても効果が出ないため、また、出産で膣壁が伸びて無くなってしまうため)
40歳を過ぎたら、1年に1回程度リピートした方がより若々しい状態の膣でいられる。

Page Top