女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » 膣のゆるみを解消する代表的な膣縮小治療法 » LVRによる膣縮小治療

LVRによる膣縮小治療

LVRは、膣内の奥深くまでレーザーを照射し、筋肉を縫い縮める引き締め治療法です。縫合するためダウンタイムは長くなりがちですが、効果持続は長期となります。治療内容や、治療にかかる費用・時間、ダウンタイムの有無のほか、メリット・デメリットについて解説します。

LVRについて

  • 治療内容
    まずLVRとは、レーザー・ヴァギナ・リジュビネーションの略です。リジュビネーションとは若返りを表す単語ですので、「レーザーにより膣を若返らせる治療」という意味となります。
    治療手順としては、膣の入口から子宮口までレーザーを照射し、縫い縮め、膣内を狭くするという流れです。

    縫合を行わない注入法や高周波治療と違い、ダウンタイムは長くなりますが、効果持続は長くなります。1回の施術で効果を得ることができるので、即効性を求める方におすすめです。なお、施術中は麻酔を使用するため、眠っている間に完了します。

    膣内の後壁のみに治療を施すだけでも充分な効果を得られますが、尿漏れの症状を感じている場合には、前壁も縫縮することでより高い効果を実感できるでしょう。なお、縫合は溶ける糸を使用するのが一般的ですが、術後1ヶ月程度で一度検診をし、経過確認をされることをおすすめします。
  • 費用相場
    40万円~80万円前後
    後壁のみの場合:40万円前後
    後壁+前壁の場合:70万円~80万円前後
  • 所要時間
    後壁のみの場合:1時間30分程度
    後壁+前壁の場合:2時間30分程度
  • ダウンタイム
    1ヶ月~1ヶ月半程度。シャワーは3日間程度、入浴は1週間程度経ってから可能です。激しい運動や、自転車に乗るなど施術部に負担のかかる行為も、1ヶ月はお控えください。性交渉も1ヶ月~1ヶ月半程度は避けましょう。

LVRのメリット・デメリット

メリット

1回の施術で効果が得られる
膣のゆるみだけではなく、尿漏れの解消にも効果的
性交渉によりパートナーにバレる可能性が限りなく低い
切開・縫縮手術と比べるとダウンタイムが短い

デメリット

費用が高くなりがち
メスや麻酔を使用するリスクがある
施術時間が長い
施術後、1週間程度は出血がある

LVRによる膣縮小が受けられるクリニック

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾で受けられるLVRの特徴 みどり美容クリニック・広尾でLVRの施術を担当することのできる医師は、アメリカのビバリーヒルズにある専門のトレーニングセンターにてトレーニングを受け、ライセンスを取得した医師のみに限定しています。LVRは膣の奥からレーザーを照射し、根本的に引き締めを行える施術で、より高い効果を期待することが可能です。

みどり美容クリニック・広尾の医師、スタッフはすべて女性のみ。男性には話しにくいデリケートな悩みも、安心して相談することのできる環境が整っています。
所在地 東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F
東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00 〔完全予約制〕 年中無休
施術料金 700,000円
医師 院長:満行(みつゆき)みどり先生(女性医師)
女性医療クリニックLUNAネクストステージ
女性医療クリニックLUNAネクストステージで受けられるLVRの特徴 女性医療クリニックLUNAネクストステージに在籍する医師でLVRを施すことができるのは、アメリカのビバリーヒルズにおける美容性器外科の権威Dr.マトロック氏が行う研修に参加し、認定を受けた医師のみとなっています。

膣の引き締め効果を与えるのはもちろんのこと、より自然に近く、美しい膣を形成できる施術方法です。ゆるみ解消のほか、性交渉の際の満足度向上にも役立つといわれています
所在地 神奈川県横浜市中区元町1-32
診療時間 10:00~18:30 休診日:日曜日
施術料金 公式サイト上で情報を確認できませんでした。
医師 院長兼理事長:関口 由紀先生(女性医師)
膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top