女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療のおすすめクリニック5選

HOME » 膣のゆるみを解消する代表的な膣縮小治療法 » 切開・縫縮手術による膣縮小術

切開・縫縮手術による膣縮小術

膣のゆるみ解消や、締まりをよくしたいとお考えなら、1回の施術で半永久的に効果が持続する切開・縫縮手術をおすすめします。詳しい治療方法とその種類、メリット・デメリットを解説します。

切開・縫縮手術の治療内容とは?

切開・縫縮手術の手段は、膣のゆるみ度合いにより2種類から選ぶことができます。ひとつは入口のみを狭くする方法で、もうひとつは膣の奥から切開・縫合することで入口から奥まで狭くする方法です。 切開、縫合を伴うため麻酔が必要ですが、手術は日帰りでも可能となります。

また、1回手術をすればその効果は半永久的です。なお、術後数日は生理と同様の出血が伴う場合が多いので、ナプキンが必要になるでしょう。

入浴や飲酒は1週間程度控えます。激しい運動は2週間~1ヶ月程、性交渉も1~2ヶ月程度は避けましょう。

切開・縫縮手術のメリット・デメリットとは

メリット

効果が確実で、半永久的(加齢によるゆるみはあり)
日帰りでの手術が可能
ほかの膣縮小治療よりも効果が長い
傷跡はきれいに治るため、性交をしてもパートナーにバレにくい

デメリット

費用が高くなりがち
施術の傷跡ができるため、お通じの際に力むと痛む場合がある
ほかの膣縮小治療と比べてダウンタイムが一番長い
メスや麻酔を使用するリスクがある

切開・縫縮手術による膣縮小が受けられるクリニック

オザキクリニック
オザキクリニックで受けられる切開・縫縮手術の特徴 オザキクリニックにて膣縮小術を担当するのは、産婦人科での手術経験もある女性医師。女性特有の悩みを男性医師には相談しにくいという方でも、安心して相談することが可能です。
また、抜糸不要の溶ける糸を使用するため、傷の回復も早く、手術跡もきれいに仕上がるという特徴が。デリケートゾーンの施術に不安を感じてしまう方に安心の「リラックス麻酔」を導入しているので、眠っている間に手術を受けられます。
所在地 新宿院:東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
診療時間 平日10:00~19:00 土日祝10:00~18:00 休診日:木曜日
施術料金 390,000円
医師 新宿院医師:増田 あゆみ先生(女性医師)
東京イセアクリニック
東京イセアクリニックで受けられる切開・縫縮手術の特徴 デリケートな膣の縮小術は、確かな技術を持った医師に任せたいもの。東京イセアクリニックには、施術部位の構造をしっかり熟知した形成外科専門医の資格を持つ女性医師が在籍。カウンセリングから施術にまで女性医師があたるため、安心して治療を受けられます。
膣粘膜を約3~4cm奥まで切開し、縫い合わせます。ヒダを作るように縫い合わせるため仕上がりも自然です。実際の手術時間は90分程度となっています。
所在地 渋谷院:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階
診療時間 11:00~20:00 不定休
施術料金 460,000円
医師 総院長:吉種 克之先生(男性医師)

切開・縫縮手術の治療名

膣縮小手術

膣のゆるみが比較的軽度の場合に行う手術で、入口のみ狭くする方法です。局部麻酔により、ウトウトしている間に手術は完了するため、手術中の痛みは感じません。 縫合は溶ける糸を使用する場合が多く、抜糸は不要ですが、術後1ヶ月程度で検診することを推奨します。

膣壁縮小手術

膣のゆるみが重度の場合に行う手術です。タンポンを使用しても経血が漏れる、入浴後に膣内にお湯が入ってしまう、といった場合におすすめの方法です。

膣縮小手術と同様に、局部麻酔による手術を行います。 縫合は溶ける糸を使用する場合が多く、抜糸は不要ですが、術後1ヶ月程度で検診することを推奨します。

膣のゆるみを解消する代表的な治療法
膣ゆるみ治療なら このクリニック5選 詳しくはこちらをCheck
東京の膣縮小術・婦人科形成クリニック一覧【膣のゆるみ編】
膣縮小治療をした方の声を集めました!
そのほかの女性器の悩みと治療・手術一覧
サイトマップ
Page Top