女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療の安心クリニックランキングBest5

HOME » 膣のゆるみを解消する代表的な治療法

膣のゆるみを解消する代表的な治療法

このカテゴリでは、膣のゆるみを解消するための様々な種類の膣縮小術を紹介します。

「注入法」「高周波(ビビーブ)」「レーザー」「切開・縫縮手術」それぞれの費用相場・所要時間・ダウンタイム・メリット・デメリットを掲載しています。 

「膣のゆるみ」の治療法を比較

膣のゆるみを解消するためには、いくつかの治療法があります。
トレーニングである程度解決することもできますが、トレーニングによる効果が無かった場合、手術によって膣の内部を狭くし、ゆるみを解消する膣縮小術を行うことをおすすめします。

以下に、簡単な各種手術の情報を掲載していますので、よろしければ参考にしてみてください。

  注入法 高周波
(ビビーブ)
レーザー 切開・縫縮手術
費用相場 15万円~20万円前後 30万円~35万円前後 40万円~80万円前後(手術内容による) 40万円前後~60万円前後(手術内容による)
所要時間 10分程度 30分~1時間程度 1時間30分~2時間30分前後(手術内容による) 30分~1時間前後(手術内容による)
ダウンタイム ほとんど無し 7日間程度 1ヶ月~1ヶ月半程度 1ヶ月~2ヶ月程度
メリット メスを使用しないので傷跡が残らない 1回の施術で効果が得られる 1回の施術で効果が得られる 効果が確実であり、半永久的である(加齢によるゆるみは有)
デメリット ヒアルロン酸は6ヵ月~1年ほどで吸収されるため、効果が持続せず、その度に再度施術を行う必要がある 閉経前55歳位までの女性にしか効果が無い 費用が高い メスを使用するリスクがある
Page Top