女性器のお悩み治療ガイド【膣のゆるみ編】

デリケートな悩みもあっさり解消!
膣ゆるみ治療の安心クリニック教えます

膣ゆるみ治療の安心クリニックランキングBest5

デリケートな膣のゆるみのお悩みはクリニックで解消!

女性器に関する悩み、ことに「膣のゆるみ」などは、近しい人にも相談しにくい問題です。
膣のゆるみは、出産や加齢を経て感じるようになったり、自覚がないのにパートナーから指摘を受けてショックを受けるケースもあるようです。
放っておくと、性生活に影響する以外にも、タンポンが落ちたり、入浴時に水が入ってしまうなど、日常生活にも支障をきたします。

このような症状を改善させるために最も良い解決法は、女性器を診療してくれるクリニックを受診することです。
最近は「婦人科形成」や「女性特有の悩み」に対応する医療機関が増え、敷居も低くなってきました。なかには、女性器の治療のみを専門的に行っているクリニックもあり、受診される方も増えているようです。

とはいっても、いざ受診するとなると、躊躇してしまいますよね。ましてや、どのクリニックに行けばよいのか、迷ってしまいますよね。

このサイトでは、女性が“安心して診察が受けられる”ことを重要視し、膣のゆるみ治療で評判のクリニックを厳選して紹介しています。
医師の性別や患者さんへの配慮、治療方法、クリニックの実績などで比較
もしていますので、ぜひ参考にしてみてください!

膣のゆるみ治療を安心して受けられるクリニックBEST5>>

膣のゆるみの症状と原因

そもそも「膣のゆるみ」とはどういった症状なのでしょうか?お悩み相談等で良く挙げられているのが、次のような症状です。

  • 「お風呂上がりに膣から水が漏れる」
  • 「性交時に空気が入っておならのような音がする」
  • 「パートナーに”ゆるい”といわれた」
  • 「くしゃみで尿漏れがある」
  • 「局部を鏡で見ると、奥まで見えてしまう」

では、どうしてこのような症状が起きるのでしょう。その原因は、いくつかのきっかけによります。

  • 最も多いのが、出産後に膣がゆるんでしまうケース
    妊娠中の長い期間、重い子宮を支え続けた筋肉負担や分娩で引き伸ばされた筋肉が元に戻らないためにおこります。
  • 誰しもが避けられないのが加齢によるゆるみ
    加齢により腟壁や腟の周りの筋肉、それらを支える靭帯などがたるみ、筋力が低下することが原因でおこります。
  • 肥満で骨盤底筋が弱まったり、姿勢の悪さが原因となることもあります。

このように、膣のゆるみは、さまざまなきっかけが要因で起こりますが、自分で改善する方法が無いわけではありません。
最近よく耳にする骨盤底筋トレーニングのような運動がそうですが、やはり重い症状をお持ちの方には、クリニックでの治療が大変有効です。

まずは自分に合ったクリニックを見つけ、最適な治療を受けることが第一。専門家に相談することで思った以上にあっさりと悩みが解決したという声も多いようです。勇気を出して、一歩を踏み出してみましょう。

どんな治療法があるのでしょう?

膣のゆるみを解消するための治療法はさまざま。症状の重さによっても治療法は異なってきます。クリニックで行う代表的な治療法は次の通りです。

  • ヒアルロン酸・脂肪注入法
    膣の広がりが軽度な方に向いた治療。膣の内側の壁にヒアルロン酸または自身の体から採取した脂肪を注入し、膣内腔を狭くして引き締めます。
  • 高周波(ビビーブ)
    高周波エネルギーを用いて膣内部を収縮させる方法。膣のゆるみ解消効果だけでなく膣内のコラーゲンを増生。メスを使わず、痛みも出血も無い新しい治療法です。
  • レーザー
    従来の外科的な膣縮小手術と違い、筋肉を奥から引き締め、粘膜の処理だけでなく筋肉から縫い縮める方法。周囲の組織へのダメージが最小限で済み、尿道や肛門に近い手術も安全に行えます。
  • 切開・縫縮手術
    膣の広がりが軽度~中程度の場合は、膣の入口を狭くする手術、中程度~重度の場合は、膣粘膜と筋層を縫縮して余分な粘膜を除去する手術を行います。

これらの治療をそれぞれの症状や希望に合わせて的確に行えるクリニックが、良いクリニックと言えます。

納得のいく治療をするためには、クリニック選びが重要です。このサイトでは、優秀な医師が在籍している女性器治療を得意としたクリニックを多数掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

専門の医師が治療!膣ゆるみ治療で評判のクリニックを比較>>

 

Page Top